フィスコニュース

市況・概要 2019/08/21 19:14 一覧へ

欧州為替:ドル・円は上げ渋り、米長期金利は上昇一服

 欧州市場でドル・円は上げ渋り、106円40銭台にやや値を下げた。米10年債利回りが1.60%付近まで水準を切り上げたが、その後上昇は一服しドル買いを抑制。一方、欧州株は強含み、米株式先物も堅調地合いを維持しているが、株高を好感した円売りは一巡したようだ。

 ここまでの取引レンジは、ドル・円は106円47銭から106円56銭、ユーロ・円は118円12銭から118円33銭、ユーロ・ドルは1.1090ドルから1.1106ドルで推移した。

<FA>

フィスコニュース

マーケット ニュース一覧
  • 市況・概要 欧州為替:ドル・円は107円31銭まで下落

     23日のロンドン外為市場では、ドル・円は107円55銭から107円31銭まで下落している。ユーロ・円の売りに押されたほか、米長期金利の低下を受けたドル売りも出ている。 ユーロ・ドルは1.0969ドル…

    18:06
  • 市況・概要 東京為替:ドル・円は107円70銭台で推移、欧州PMIの発表に注目

     23日午後のアジア市場でドル・円は、107円70銭台で推移している。東京休場(秋分の日)で市場参加者が限られるなか小動きが続き、欧州勢参入待ちの状態になっている。上海総合指数は前週末比1.0%安で引…

    16:09
  • 市況・概要 東京為替:ドル・円は107円70銭付近での推移続く

     23日午後のアジア市場でドル・円は、引き続き107円70銭付近で推移。東京休場(秋分の日)で市場参加者が限られるなか小動きが続いており、欧州勢参入待ち状態になっている。本日は午後4時30分にドイツの…

    15:15