フィスコニュース

銘柄/投資戦略 2021/06/04 17:04 一覧へ

新興市場銘柄ダイジェスト:ナノキャリアは大幅続伸、アクセスグループがストップ高

<4388> エーアイ 1725 +43
大幅反発。音声合成エンジンAITalk5による新サービス「AITalk5 声の職人クラウド版」と「AITalk5 Web読み職人」を11日から提供開始すると発表している。「声の職人 クラウド版」は、Webブラウザでテキストを入力するだけで誰でも簡単に音声ファイルを作成でき、「Web読み職人」は、ウェブサイトにタグを埋め込むだけで音声読み上げ機能つきのページを制作できるようだ。これを好感した買いが向かっているもよう。

<7623> サンオータス 448 +12
大幅続伸。一部メディアが「電動キックスケーターが『地域の足』として注目を集めている」と伝え、関連銘柄として物色されている。「観光地での導入も進んでいるほか、通勤用に個人が購入する例もあり、新たな移動手段として定着しようとしている」という。同社は京浜急行電鉄<9006>と提携して電動キックボードのシェアリングサービスを始めており、メディアに取り上げられたことが買い意欲を刺激しているようだ。

<4571> ナノキャリア 308 +18
大幅続伸。遺伝子治療製品「VB-111」の国際共同第III相臨床試験の主要評価項目として無増悪生存期間を追加し、承認申請が1年早まる可能性を導入元のイスラエル企業VBLが米国臨床腫瘍学会で発表すると明らかにしている。これを好感した買いが向かっている。VB-111は、腫瘍血管内皮細胞のアポトーシスを誘導し、腫瘍免疫を惹起するメカニズムを有する治療薬である。プラチナ製剤抵抗性卵巣がんを対象に国際共同治験として海外での患者登録が進んでいるようだ。

<7042> アクセスグループ 1616 +79
年初来高値。教育機関支援事業を展開する子会社のアクセスネクステージ(東京都渋谷区)が第43回私立大学展私立大学進学説明会の運営業務を継続受託したと発表している。同説明会は、私立大学57校が加盟する京阪神私立大学入試広報懇談会が主催し、京都、大阪、神戸の3会場で開催される。アクセスネクステージによる運営業務受託は14年連続で、事務局業務や会場運営全般を担当する。

<7865> ピープル 1013 -49
大幅に4日ぶり反落。22年1月期第1四半期(21年2-4月)の営業利益を0.33億円(前年同期実績は非開示)と発表している。国内販売で玩具・遊具・自転車が好調に推移したほか、海外販売も米国向けを中心に販売代理店からの注文が順調に入った。第2四半期累計(21年2-7月)予想は0.50億円。通期予想は未定。第1四半期は会社計画(0.01億円)を上回ったが、材料出尽くし感から売り優勢となっている。

<4627> ナトコ 1709 -61
年初来高値更新も後場にマイナス転換。21年10月期の営業利益を従来予想の16.00億円から19.40億円(前期実績14.41億円)に上方修正している。塗料事業やファインケミカル事業の受注が想定を上回って推移しているため。原価低減によるコストダウンも利益を押し上げる見通し。併せて中間配当を従来予想の20.00円から29.00円(前期中間実績18.00円)に、期末配当を24.00円から29.00円(前期末実績22.00円)に増額修正した。 <ST>

フィスコニュース

マーケット ニュース一覧