アナリスト予想

コンセンサス変化 2020/10/26 22:45 一覧へ

21年3月期経常予想。対前週3.3%下降。

京阪神ビルディング<8818>の経常利益予想コンセンサスは、前週値の5,300百万円から3.3%下落し、5,124百万円となった。対前年実績で見た場合1.6%の増益予想から1.7%減益予想に下方修正された。会社予想値5,000百万円と比較すると、現在のコンセンサス予想はやや強気の見方となっている。因みにレーティングコンセンサスは5.0で変わらずのまま。

同業種のニュース

アナリスト予想 ニュース一覧