業績速報

会社予想 2020/09/25 17:30 業績予想に関するお知らせ 一覧へ

2021年3月期単体本決算経常見通し。黒字化を予想。

晴れ

【業績予想/決算速報】カワセコンピュータサプライ<7851>が9月25日に発表した業績予想によると、2021年3月期本決算の経常損益は20百万円になる見通し。合せて発表された中間期の業績予想によれば、中間期5百万円となる見通し。

決算期 月数 区分 発表日 売上高 営業利益 経常利益 当期利益
202003 本 12 会社実績 2020/05/22 2,763 -141 -136 -662
202103 本 12 会社予想 2020/09/25 2,670 10 20 10
202103 本 12 従来予想 2020/08/13 -- -- -- --
202009 中 6 会社予想 2020/09/25 1,280 3 5 3
202009 中 6 従来予想 2020/08/13 -- -- -- --

※単位は百万円:今回会社から発表された内容

業績予想修正の理由:(適時開示より抜粋)
 令和3年3月期の業績予想につきましては、令和2年8月13日公表の「令和3年3月期第1四半期決算短信〔日本基準〕(非連結)」時点では新型コロナウイルス感染症拡大による当社業績への影響を合理的な算定が困難であることから未定としておりましたが、現時点で入手可能な情報や予測等に基づき、今後の見通しについて、あらたに算定をいたしましたので公表いたします。 令和3年3月期第2四半期(累計)は、新型コロナウイルス感染症拡大の影響を受け、売上高が前年同期比16.1%の減収になるものと予想します。当社を取り巻く環境においても、得意先の新型コロナウイルス感染症拡大防止対策による営業自粛等により定例案件の先送りや中止を余儀なくされるなどの影響を受けております。また、新型コロナウイルス感染症拡大対策の一環としてより一層の電子化が進むものと予想されます。経済活動は徐々に再開されておりますが、第3四半期以降も得意先の新型コロナウイルス感染症拡大防止対策として訪問営業抑制等は続くものと予想され、新規案件や新規取引先の獲得は長期化すると思われます。当社としては、売上高に見合う原価率の低下や経費の削減に努めてまいります。現時点で可能な範囲で織り込んだ結果、売上高は前期に比べて減少するものの、前期に行った減損により営業利益、経常利益、当期純利益は増加すると予想しております。 なお、業績予想は新型コロナウイルスの感染拡大、収束の状況や時期をはじめとする外的要因により予期せぬ変動が生じる可能性も否定できないため、大きな変動が見込まれる場合は、改めて速やかに業績予想及び配当予想を修正いたします。(注)本資料に記載されている業績見通し等に関する記述は、当社が現在入手している情報及び合理的であると判断する一定の前提に基づいており、その達成を当社として約束する趣旨のものではありません。また、実際の業績は様々な要因により大きく異なる可能性があります。

同業種のニュース

業績速報 ニュース一覧