フィスコニュース

市況・概要 2021/06/15 13:07 一覧へ

米国株見通し:底堅い値動きか、弱い経済指標で緩和継続も

(12時50分現在)

S&P500先物      4,253.62(+7.87)
ナスダック100先物  14,137.50(+20.25)


グローベックス米株式先物市場でS&P500先物、ナスダック100先物は小幅高、NYダウ先物は40ドル高。NY原油先物(WTI)は強含み、本日の米株式市場は買い先行となりそうだ。


14日の取引で主要3指数はまちまち。ナスダックは3日続伸で約2カ月ぶりに最高値を更新したが、ダウは3日ぶりにマイナスへ転じた。この日は重要イベントが予定されておらず、材料難のなか15-16日開催の連邦公開市場委員会(FOMC)の内容を見極める展開に。連邦準備制度理事会(FRB)による資産買入れの段階的縮小(テーパリング)が議論される可能性から長期金利が上昇。株式市場では調整売りがみられ、ダウを下押しした。


本日は底堅い値動きか。前日に続き金融政策への思惑が交錯し、方向感の乏しい展開となりそうだ。一方、今晩発表の経済指標は強弱まちまちと予想されるが、小売売上高はマイナスに転じるほか、NY連銀製造業景気指数は前回を下回る見通し。足元で発表された統計では回復の一服感も示されており、低調な内容が嫌気されれば株売り要因に。半面、緩和政策の当面の継続が観測され長期金利が低下すれば、株価指数の下げは抑制されるだろう。



<TY>

フィスコニュース

マーケット ニュース一覧