フィスコニュース

市況・概要 2021/06/14 12:02 一覧へ

東京為替:1ドル109円70銭台、米大統領、民主国家が専制国家に対抗

東京外為市場でドル・円は1ドル=109円70銭台で推移。バイデン米大統領は、G7後の会見で、「民主主義国家は、中国というわけではないが、世界の専制的な政府と急速に変化する21世紀において、対抗できるかを争っている」と述べたとロイターが報じている。中国には一定の配慮を示す内容となったもようだ。

一方、東京株式市場は日経平均が160.79円で午前の取引を終了した。東証1部の売買代金上位では、1位の任天堂が2000円安と下げが目立っているが、ファーストリテイリング<9983>が1510円高、ソフトバンクG<9984>が43円高と上昇しており相場を下支えしていることで、指数も底堅い値動きが続いているもようだ。

<FA>

フィスコニュース

マーケット ニュース一覧
  • 市況・概要 7月27日のNY為替概況

     27日のニューヨーク外為市場でドル・円は110円12銭から109円59銭まで下落して引けた。米国の6月耐久財受注速報値が予想を大幅に下回ったことや株安を嫌気し、長期金利低下に伴うドル売りやリスク回避…

    04:40
  • 市況・概要 [通貨オプション]R/R、円コール買い再燃

    ドル・円オプション市場で変動率は上昇した。リスク警戒感の上昇でオプション買いが再燃。リスクリバーサルで円コールスプレッドは拡大。ドル・円下値をヘッジする目的の円コール買いが再燃した。■変動率・1カ月物…

    04:35
  • 市況・概要 NY外為:ドル・円安値更新、米5年債入札後

    米財務省は610億ドル規模の5年債入札を実施した。結果で最高落札利回りは0.71%。応札倍率は2.36倍と過去6回入札平均の2.35倍を小幅上回った。外国中銀を含む間接入札者の落札比率は58.1%と、…

    02:33