フィスコニュース

市況・概要 2021/05/14 18:13 一覧へ

欧州為替:ドル・円は弱含み、ドル売り鮮明に


欧州市場でドル・円は弱含み、109円20銭台に値を下げた。米10年債利回りの低下が続き、ドル売り基調が強まっている。また、米株式先物の堅調地合いで今晩の株高が期待され、リスクオンのドル売りも観測される。一方、クロス円は底堅く、ドル・円をサポートする。


ここまでの取引レンジは、ドル・円が109円24銭から109円40銭、ユーロ・円は132円44銭から132円56銭、ユーロ・ドルは1.2113ドルから1.2129ドル。

<TY>

フィスコニュース

マーケット ニュース一覧
  • 市況・概要 NY外為:米露外交路線再開もルーブルの上げ限定的

    米露首脳がスイス、ジュネーブで会談を実施した。ロシアのプーチン大統領は記者団に、米露がお互いの首都に大使を戻すことで合意したことを明らかにし、外交路線を戻したことが市場の安心感に繋がった。ルーブルは一…

    02:16
  • 市況・概要 NY外為:ブラジルレアルが上昇、BCBやFOMCの結果待ち

    NY外為市場で本日予定されているブラジル中銀の金融政策や米連邦準備制度理事会(FRB)の連邦公開市場委員会(FOMC)結果発表を控えブラジルレアルの上昇が目立った。ドル・レアルは5レアルを割り込み4.…

    01:55
  • 市況・概要 【市場反応】カナダ5月CPI、ほぼ10年ぶり最大の伸び、加ドル堅調

    カナダの5月消費者物価指数(CPI)は前年比+3.6%となった。伸びは4月+3.4%から予想以上に拡大。2011年5月以降ほぼ10年ぶり最大の伸びとなった。カナダのインフレの上昇でカナダドル買いが優勢…

    00:22