フィスコニュース

市況・概要 2020/10/27 08:59 一覧へ

東京為替:1ドル104円80銭台、米が台湾にミサイルを24億ドルで売却

午前の東京外為市場でドル・円は1ドル=104円80銭台で推移。米国は台湾にボーイング社製のハープーンの地上発射型ミサイル400発を24億ドルで売却する方針を固めたとブルームバーグが報じている。地政学リスクの上昇が懸念される。

一方、東京株式市場は日経平均先物が100円安近辺で推移している。米株安や地政学リスクの上昇が懸念要因となっている。

<FA>

フィスコニュース

マーケット ニュース一覧
  • 市況・概要 欧州為替:ドル・円は底堅い、欧州通貨は戻りが鈍い

    欧州市場でドル・円は104円70銭付近と、高値圏でのもみ合い。英国と欧州連合(EU)の通商協議に対する不透明感からポンドとユーロが売られ、その後の戻りも鈍い。一方、欧米株価指数は軟調地合いのため、リス…

    20:03
  • 市況・概要 欧州為替:ドル・円はじり高、ユーロ・ドルは下げ渋り

    欧州市場でドル・円はじり高となり、104円70銭付近に水準を切り上げた。19時に発表されたユーロ圏の経済指標は底堅い内容で、ユーロ・ドルの下げは一服。1.20ドルは下値支持線として意識され、目先はドル…

    19:18
  • 市況・概要 日経平均テクニカル:小幅続伸、小陰線で強弱感対立

    2日の日経平均は小幅続伸した。ザラ場高値と安値はともに前日水準を上回ったが、ローソク足は胴体部分の短い小陰線で終了し、強弱感の対立を窺わせた。25日線との上方乖離率は6.50%と依然5%ラインを上回っ…

    18:15