フィスコニュース

市況・概要 2020/10/27 08:56 一覧へ

今日の為替市場ポイント:◆ユーロ編◆リスク選好的なユーロ買い・円売りがただちに拡大する可能性は低い見通し

ユーロ・ドルは、1.0341ドル(2017/01/03)まで下落したが、1.2537ドル(2018/01/25)まで上昇。英国民投票で欧州連合(EU)からの離脱が決定し、ユーロ・円は一時109円57銭(2016/06/24)まで急落。その後114円85銭(2017/04/17)まで戻し、さらに137円50銭(2018/2/2)まで買われた。ユーロ圏諸国におけるウイルス感染の増加によって、経済活動や一般市民の行動はかなり制限されており、ユーロ圏の景況感は再び悪化する可能性がある。英国と欧州連合(EU)の通商交渉の行方もはっきりしないことから、リスク選好的なユーロ買い・円売りがただちに拡大する可能性は低いとみられる。

【ユーロ売り要因】
・英国は通商合意なきEU離脱を選択する可能性
・ウイルス感染の再拡大
・EU復興基金の運用開始は遅れる見込み

【ユーロ買い要因】
・米国金利の先高観は一段と後退
・欧州復興基金への期待、ECBによる経済支援的な金融政策
・ウイルスのワクチン開発進展

<FA>

フィスコニュース

マーケット ニュース一覧
  • 市況・概要 欧州為替:ドル・円は底堅い、欧州通貨は戻りが鈍い

    欧州市場でドル・円は104円70銭付近と、高値圏でのもみ合い。英国と欧州連合(EU)の通商協議に対する不透明感からポンドとユーロが売られ、その後の戻りも鈍い。一方、欧米株価指数は軟調地合いのため、リス…

    20:03
  • 市況・概要 欧州為替:ドル・円はじり高、ユーロ・ドルは下げ渋り

    欧州市場でドル・円はじり高となり、104円70銭付近に水準を切り上げた。19時に発表されたユーロ圏の経済指標は底堅い内容で、ユーロ・ドルの下げは一服。1.20ドルは下値支持線として意識され、目先はドル…

    19:18
  • 市況・概要 日経平均テクニカル:小幅続伸、小陰線で強弱感対立

    2日の日経平均は小幅続伸した。ザラ場高値と安値はともに前日水準を上回ったが、ローソク足は胴体部分の短い小陰線で終了し、強弱感の対立を窺わせた。25日線との上方乖離率は6.50%と依然5%ラインを上回っ…

    18:15