フィスコニュース

市況・概要 2020/10/24 14:35 一覧へ

豪ドル週間見通し:弱含みか、11月利下げの思惑残る

■伸び悩み、金利引き下げの思惑広がる

今週の豪ドル・円は伸び悩み。豪準備銀行(中央銀行)の10月理事会議事要旨で、政策金利をゼロに向けて引き下げる選択肢を議論したことが明らかになった。また、豪準備銀行ケント総裁補佐が「銀行間取引金利がゼロを下回る可能性は否定できない」と述べたこともあり、利下げ観測による豪ドル売りが優勢となった。取引レンジ:74円19銭-74円95銭。

■弱含みか、11月利下げの思惑残る

来週の豪ドル・円は弱含みか。豪準備銀行(中央銀行)は次回11月3日開催の理事会で政策金利を引き下げる可能性があるとの見方が広がっており、豪ドルは引き続き売られやすい。10月28日発表の7-9月期消費者物価指数が予想を下回った場合、金利低下の思惑はさらに強まり、リスク回避的な豪ドル売りが増える可能性がある。

○発表予定の豪主要経済指標・注目イベント
・28日:7-9月期消費者物価指数(4-6月期:前年比-0.3%)
予想レンジ:73円50銭-75円50銭


<FA>

フィスコニュース

マーケット ニュース一覧
  • 市況・概要 欧州為替:ドル・円は底堅い、欧州通貨は戻りが鈍い

    欧州市場でドル・円は104円70銭付近と、高値圏でのもみ合い。英国と欧州連合(EU)の通商協議に対する不透明感からポンドとユーロが売られ、その後の戻りも鈍い。一方、欧米株価指数は軟調地合いのため、リス…

    20:03
  • 市況・概要 欧州為替:ドル・円はじり高、ユーロ・ドルは下げ渋り

    欧州市場でドル・円はじり高となり、104円70銭付近に水準を切り上げた。19時に発表されたユーロ圏の経済指標は底堅い内容で、ユーロ・ドルの下げは一服。1.20ドルは下値支持線として意識され、目先はドル…

    19:18
  • 市況・概要 日経平均テクニカル:小幅続伸、小陰線で強弱感対立

    2日の日経平均は小幅続伸した。ザラ場高値と安値はともに前日水準を上回ったが、ローソク足は胴体部分の短い小陰線で終了し、強弱感の対立を窺わせた。25日線との上方乖離率は6.50%と依然5%ラインを上回っ…

    18:15