フィスコニュース

市況・概要 2019/09/11 20:04 一覧へ

欧州為替:ドル・円は107円67銭から107円83銭で推移

 11日のロンドン外為市場では、ドル・円は107円67銭から107円83銭で推移している。トランプ米大統領の「米金融当局は、金利をゼロかマイナスに引き下げるべきだ」との見解が伝えられ、ドル売り気味になっている。

 ユーロ・ドルは1.1035ドルから1.1007ドルまで下落。明日の欧州中央銀行(ECB)理事会で緩和措置決定が見込まれることで、ユーロ売りが優勢になっている。ユーロ・円は118円98銭から118円51銭まで下落している。

 ポンド・ドルは1.2343ドルから1.2371ドルで推移。ブレグジットをめぐる思惑で売り買いが交錯している。ドル・スイスフランは0.9929フランから0.9941フランで推移している。

<KK>

フィスコニュース

マーケット ニュース一覧
  • 市況・概要 2月21日のNY為替概況(訂正)

     21日のニューヨーク外為市場でドル・円は112円01銭から111円47銭まで下落して引けた。米国の2月サービス業PMI速報値や総合PMI速報値が予想外に50を割り込み活動の縮小を示したため、米国経済…

    07:07
  • 市況・概要 欧州為替:ドル・円は111円49銭まで下落後、111円83銭まで上昇

     21日のロンドン外為市場で、ドル・円は111円49銭まで下落後、111円83銭まで上昇した。新型肺炎拡大への根強い懸念から米10年債利回りが一瞬1.48%割れまで低下し、ドル売り、円買いが先行。その…

    2020/02/21 20:28
  • 市況・概要 欧州為替:ドル・円は底堅い、クロス円は円売り基調継続

    欧州市場でドル・円は111円80銭付近まで値を戻すなど、底堅い値動き。米10年債利回りは下げ渋り、ややドル買いの流れ。一方、欧州株と米株式先物の軟調地合いで市場センチメントが悪化するなか、円売り基調は…

    2020/02/21 20:10