フィスコニュース

市況・概要 2019/08/14 07:37 一覧へ

NY金:反落で1514.10ドル、米中貿易摩擦への懸念が和らぐ

NY金先物12月限は反落(COMEX金12月限終値:1514.10 ↓3.10)。ニューヨーク商品取引所(COMEX)の金先物12月限は前日比+3.10ドルの1オンス=1514.10ドルで通常取引を終了した。時間外取引を含めた取引レンジは1488.90−1546.10。米通商代表部(USTR)が、9月1日に実施予定である中国からの輸入品3000億ドル相当への追加関税措置で、一部製品に対する関税賦課の延期を発表。米中株式が大きく上昇。米中貿易摩擦への懸念が和らいだことから、足元でリスク回避目的の資金が向かっていた金先物にはいったん売りが出る格好となった。 <CS>

フィスコニュース

マーケット ニュース一覧
  • 市況・概要 欧州為替:ドル・円は108円43銭まで下落

     9日のロンドン外為市場では、ドル・円は108円57銭から108円43銭まで下落している。米国による対中追加関税第4弾の残り発動が迫り(15日)、警戒感から欧州株安で米株先物も軟調、米長期金利は低下し…

    20:01
  • 市況・概要 欧州為替:ドル・円は108円40銭台、押し目買いで下げ渋り

     欧州市場でドル・円は一段安となり、一時108円43銭まで弱含んだ。その後、値ごろ感から押し目買いが観測され、足元は108円50銭付近に値を戻している。ただ、欧州株安や米株式先物の弱含みが続き、ややリ…

    19:12
  • 市況・概要 9日の日本国債市場概況:債券先物は152円26銭で終了

    <円債市場>長期国債先物2019年12月限寄付152円39銭 高値152円45銭 安値152円18銭 引け152円26銭売買高総計42622枚2年 407回 -0.135%5年 141回 -0.105…

    18:41