業績速報

会社予想 2021/06/22 18:00 2022年3月期通期個別業績予想の修正に関するお知らせ 一覧へ

2022年3月期単体本決算経常見通し下方修正。67.6%減益を予想。

【業績予想/決算速報】電源開発<9513>が6月22日に発表した業績予想によると、2022年3月期本決算の経常損益は前回予想(41,000百万円)から下方修正され、67.6%減益の37,000百万円になる見通し。

決算期 月数 区分 発表日 売上高 営業利益 経常利益 当期利益
202103 本 12 会社実績 2021/04/30 589,915 77,854 114,041 15,532
202203 本 12 会社予想 2021/06/22 575,000 -1,000 37,000 39,000
202203 本 12 従来予想 2021/04/30 514,000 6,000 41,000 41,000

※単位は百万円:今回会社から発表された内容

業績予想修正の理由:(適時開示より抜粋)
 当社は、2021年4月30日の「完全子会社との合併(簡易・略式吸収合併)に関する基本方針決定のお知らせ」にてお知らせしている通り、当社の完全子会社である株式会社J-POWERサプライアンドトレーディング(以下「JPST社」)を吸収合併することを基本方針として決議しております。2021年1月のような日本卸電力取引所(以下「JEPX」)の価格急騰時には、当社のJEPXでの販売収益が急増するのに対して、JPST社はJEPXからの電力購入費用の急増により資金不足となり、当社からの資金支援なしでは事業継続が困難になることから、当社がJPST社を吸収合併し、当社が直接小売事業を担うことにより、発電と販売機能の連携を強化し、機動性の向上やガバナンスの強化を図ることが目的です。この目的を早期に実現すべく、今般JPST社から当社に移管可能な小売契約を早期に移管しました。これら契約は契約締結(販売価格決定)以降のJEPX価格の上昇により調達価格が販売価格を超過する見通しとなっていたため、これらの契約を当社に移管することにより当社の売上高は当初予想を上回る一方で、営業利益、経常利益及び当期純利益については当初予想を下回り、営業利益は赤字を見込むこととなりました。 なお、連結の業績予想については、完全子会社からの契約移管であること及びJEPX価格上昇を当初予想において既に織り込んでいたことにより変動が軽微であることから、当初予想からの変更はいたしません。

同業種のニュース

業績速報 ニュース一覧