業績速報

会社予想 2020/06/03 08:00 2021年3月期 通期連結業績予想の修正に関するお知らせ 一覧へ

2021年3月期連結本決算経常見通し上方修正。45.9%増益を予想。

晴れ

【業績予想/決算速報】T&Dホールディングス<8795>が6月3日に発表した業績予想によると、2021年3月期本決算の経常損益は前回予想(119,000百万円)から上方修正され、45.9%増益の183,000百万円になる見通し。因みに直前のIFISコンセンサスでは127,025百万円を予想している。

決算期 月数 区分 発表日 売上高 営業利益 経常利益 当期利益
202003 本 12 会社実績 2020/05/15 2,197,928 -- 125,422 67,103
202103 本 12 会社予想 2020/06/03 1,960,000 -- 183,000 123,000
202103 本 12 従来予想 2020/05/15 1,890,000 -- 119,000 58,000
202103 本 12 コンセンサス 2020/06/02 2,061,750 -- 127,025 66,625
202009 中 6 会社予想 2020/05/15 -- -- -- --

※単位は百万円:今回会社から発表された内容

業績予想修正の理由:(適時開示より抜粋)
 当社は、2020 年6月2日付(米国時間)でクローズドブック専業保険会社である Fortitude Group Holdings, LLC(以下「フォーティテュード社」)の持分 25%を取得し、同社を関連会社化(※)しました。これに伴い同社の利益を持分法投資損益として、通期で約650 億円計上することによるものです。 なお、フォーティテュード社の利益には、市場の変動により会計上生じる一時的な評価性損益が含まれており、これが今回の通期連結業績予想における経常利益および親会社株主に帰属する当期純利益の大幅な増加の一因となっております。 当社グループではグループの経営実態を表す指標の一つとして、このような市場の変動により会計上生じる一時的な評価性損益等を一部調整した「グループ修正利益」を導入しています。グループ修正利益では前回発表予想に対して90 億円の増加となります。

同業種のニュース

業績速報 ニュース一覧