業績速報

会社予想 2019/09/20 18:30 業績予想の修正に関するお知らせ 一覧へ

2020年2月期単体本決算経常見通し下方修正。27.1%増益を予想。

曇り

【業績予想/決算速報】西松屋チェーン<7545>が9月20日に発表した業績予想によると、2020年2月期本決算の経常損益は前回予想(6,500百万円)から下方修正され、27.1%増益の5,000百万円になる見通し。因みに直前のIFISコンセンサスでは4,800百万円を予想している。合せて発表された中間期の業績予想によれば、中間期前回予想(3,200百万円)から下方修正され、2,435百万円となる見通し。

決算期 月数 区分 発表日 売上高 営業利益 経常利益 当期利益
201902 本 12 会社実績 2019/04/02 138,167 3,602 3,935 2,181
202002 本 12 会社予想 2019/09/20 145,000 4,670 5,000 2,930
202002 本 12 従来予想 2019/06/17 145,000 6,270 6,500 4,028
202002 本 12 コンセンサス 2019/09/19 143,100 4,400 4,800 3,100
201908 中 6 会社予想 2019/09/20 71,352 2,226 2,435 1,390
201908 中 6 従来予想 2019/06/17 72,120 3,084 3,200 1,980
201908 Q2 3 コンセンサス 2019/09/19 33,718 35 70 26
201911 Q3 3 コンセンサス 2019/09/19 37,714 1,756 1,985 1,311

※単位は百万円:今回会社から発表された内容

業績予想修正の理由:(適時開示より抜粋)
 当第2四半期累計期間は、売上高におきましては、粉ミルクや紙おむつなどの消耗品や服飾雑貨が好調に推移した一方、衣料品は昨年と比べ気温上昇や梅雨明けが遅れたことも影響し、前回発表予想を下回る見込みです。利益面におきましては、販売費及び一般管理費は計画内におさまる見込みでありますが、主に衣料品の値下げロス額増加に伴う売上高総利益率の予想未達により、営業利益、経常利益、四半期純利益が前回発表予想を下回る見込みでありますので、上記のとおり業績予想を修正いたします。 当第2四半期累計期間の修正と同様に下半期は夏物衣料の最終処分に係る値下げロス額の増加を織り込み、通期の業績予想につきましては、売上高は145,000百万円(前期比104.9%)、営業利益は4,670百万円(前期比129.6%)、経常利益は5,000百万円(前期比127.0%)、当期純利益は2,930百万円(前期比134.3%)をそれぞれ予想しております。(注)上記予想は、本資料発表日現在において入手可能な情報に基づき作成したものであり、実際の業績は、今後様々な要因によって予想値と異なる可能性があります。

同業種のニュース

業績速報 ニュース一覧