業績速報

会社予想 2020/05/14 14:40 通期業績予想と実績値との差異及び剰余金の配当に関するお知らせ 一覧へ

2020年3月期連結本決算経常見通し下方修正。92%減益を予想。

【業績予想/決算速報】中央製作所<6846>が5月14日に発表した業績予想によると、2020年3月期本決算の経常損益は前回予想(30百万円)から下方修正され、92%減益の21百万円になる見通し。

決算期 月数 区分 発表日 売上高 営業利益 経常利益 当期利益
201903 本 12 会社実績 2019/05/15 5,494 241 263 208
202003 本 12 会社予想 2020/05/14 4,350 10 21 38
202003 本 12 従来予想 2020/02/13 4,400 25 30 20

※単位は百万円:今回会社から発表された内容

業績予想修正の理由:(適時開示より抜粋)
 当社グループは、経営目標達成に向け、積極的な営業活動を展開した結果、売上高はほぼ計画通りに推移しましたが、利益面に関しては、退職年金資産の運用利回りの悪化などの影響をうけ営業利益が減少したものの、法人税調整額が戻ったことにより、親会社株主に帰属する当期純利益が増加いたしました。個別業績につきましても、連結業績と同様の要因により当初予想の修正を行うことになりました。その結果2019年8月9日に公表いたしました2020年3月期の連結および個別の業績予想数値と実績に差異が生じることとなりました。

配当予想修正の理由:(適時開示より抜粋)
 株主の皆様への利益還元につきましては、経営上の重要な政策の一つと位置付けており、経営体質の強化と今後の事業展開などを勘案し、内部留保にも意を用いつつ、安定的かつ継続的な配当を実施していくことを基本方針といたしております。 本日発表の通り、経営環境の先行きが不透明であり、また、当社の業績や財務状況などを総合的に勘案した結果、当初25円と予定しておりました配当予想を1株につき20円とし2020年6月に開催予定の定時株主総会に付議することを決議いたしました。

同業種のニュース

業績速報 ニュース一覧