業績速報

会社予想 2019/01/28 15:00 業績予想の修正に関するお知らせ 一覧へ

2019年3月期連結本決算経常見通し下方修正。12.2%減益を予想。

【業績予想/決算速報】東光高岳<6617>が1月28日に発表した業績予想によると、2019年3月期本決算の経常損益は前回予想(3,500百万円)から下方修正され、12.2%減益の2,800百万円になる見通し。因みに直前のIFISコンセンサスでは3,350百万円を予想している。

決算期 月数 区分 発表日 売上高 営業利益 経常利益 当期利益
201803 本 12 会社実績 2018/04/24 95,309 2,947 3,189 1,546
201903 本 12 会社予想 2019/01/28 90,700 2,600 2,800 1,100
201903 本 12 従来予想 2018/10/25 91,000 3,400 3,500 1,700
201903 本 12 コンセンサス 2019/01/25 90,000 3,200 3,350 1,650
201812 Q3 3 コンセンサス 2019/01/25 21,700 750 -- --
201903 Q4 3 コンセンサス 2019/01/25 29,472 2,774 -- --

※単位は百万円:今回会社から発表された内容

業績予想修正の理由:(適時開示より抜粋)
 通期の業績予想につきましては、電力機器事業における当初見込みからの売上機種構成の変化及びエネルギーソリューション事業における受注減少に伴う採算性の悪化が見込まれております。また、当第3四半期会計期間において、当社連結子会社製のスマートメーターの一部製品の不具合に対する取替費用として製品保証費用を計上しております。 このような状況を鑑み、平成30 年4月24 日に公表いたしました平成31年3月期通期連結業績予想の数値を売上高及び各段階利益ともに上記のとおり下方修正いたします。(注)上記の業績予想につきましては、現時点で入手可能な情報に基づき当社で判断したものであり、実際の業績は、今後様々な要因によって予想数値と異なる結果となる可能性があります。

同業種のニュース

業績速報 ニュース一覧