業績速報

会社予想 2019/12/06 17:00 2020年4月期第2四半期(累計)業績予想の修正及び通期業績予想の修正に関するお知らせ 一覧へ

2020年4月期連結本決算経常見通し下方修正。7%減益を予想。

【業績予想/決算速報】ハイアス・アンド・カンパニー<6192>が12月6日に発表した業績予想によると、2020年4月期本決算の経常損益は前回予想(530百万円)から下方修正され、7%減益の385百万円になる見通し。合せて発表された中間期の業績予想によれば、中間期前回予想(195百万円)から下方修正され、123百万円となる見通し。

決算期 月数 区分 発表日 売上高 営業利益 経常利益 当期利益
201904 本 12 会社実績 2019/06/14 6,099 416 414 240
202004 本 12 会社予想 2019/12/06 8,400 418 385 207
202004 本 12 従来予想 2019/09/13 8,400 560 530 290
201910 中 6 会社予想 2019/12/06 4,007 126 123 45
201910 中 6 従来予想 2019/09/13 3,748 198 195 95

※単位は百万円:今回会社から発表された内容

業績予想修正の理由:(適時開示より抜粋)
(1)第2四半期累計期間の修正について 当第2四半期連結会計期間(2019年8月1日~2019年10月31日)において、9月及び10月に発生した台風や豪雨により一部の地域に甚大な被害が発生しました。これら自然災害の影響により、一部地域の住宅不動産建設会社が投資に対して慎重になったこと、当社グループの営業活動が十分に行えなかったことにより、「初期導入フィー」が減少しました。一方で、「初期導入フィー」の中で原価率の高いサービスが予想を上回ったことから、「初期導入フィー」としては売上高が予想を上回り、売上総利益が予想を下回りました。「会費」及び「ロイヤルティ等」については大きな変動はなく、全体では売上高が予想を上回り、売上総利益が予想を下回りました。(当社グループにおける収益項目は、サービス導入時に発生する「初期導入フィー」、毎月発生する「会費」及び導入サービスの成果報酬たる「ロイヤルティ」並びに「設計料・保証料等」(以下 「ロイヤルティ」と「設計料・保証料等」を併せ、「ロイヤルティ等」という)に大別されます。)売上総利益に連動し、営業利益、経常利益及び親会社株主に帰属する四半期純利益が公表済みの業績予想と乖離する見込みとなりましたので修正することといたしました。 なお、配当予想の修正はありません。(2)通期の修正について 第2四半期累計期間以降も災害の影響により、「初期導入フィー」の減少が見込まれます。第2四半期累計期間における進捗も踏まえ、通期業績予想につきましても修正することといたしました。 なお、配当予想の修正はありません。 今回当社グループでは気候変動への対応の必要性を痛感し、持続的な開発目標(SDGs)の思想に沿い、さらなる省エネ性能向上と環境負荷低減に努めて参ります。断熱や気密といった住宅の性能向上、天然砕石を活用しセメント固化材を使わない地盤改良工法「HySPEED工法」の推進によるCO2削減等を推進いたします。

同業種のニュース

業績速報 ニュース一覧