業績速報

会社予想 2020/09/18 16:00 業績予想の公表に関するお知らせ 一覧へ

2021年3月期連結本決算経常見通し。赤字を予想。

【業績予想/決算速報】データセクション<3905>が9月18日に発表した業績予想によると、2021年3月期本決算の経常損益は60百万円の赤字になる見通し。

決算期 月数 区分 発表日 売上高 営業利益 経常利益 当期利益
202003 本 12 会社実績 2020/05/22 1,168 14 5 -17
202103 本 12 会社予想 2020/09/18 1,300 -50 -60 -83
202103 本 12 従来予想 2020/08/14 -- -- -- --
202009 中 6 会社予想 2020/08/14 -- -- -- --

※単位は百万円:今回会社から発表された内容

業績予想修正の理由:(適時開示より抜粋)
 2021年3月期業績予想につきましては、新型コロナウイルス感染症が当社の2021年3月期の業績に与える影響の適正かつ合理的な予測は非常に困難であるとして未定としておりましたが、日本やチリにおいては経済活動が段階的に再開していることから、2020年4月から6月の業績や現時点において入手可能な情報をもとに業績予想を算定いたしましたので公表いたします。なお、新型コロナウイルス感染症の収束は未だ見えず、今後の事業活動への影響を信頼性の高い数値として算出することが困難であることから、連結業績予想をレンジ形式にて算定しております。 当社の業績に関しては、特に「FollowUP」(※1)において、国内の営業を自粛した店舗に対して行うディスカウントや海外でのロックダウンによる顧客店舗の強制的な閉鎖等により一時的な影響が生じることが予想されますが、当社としては、この苦境を追い風とし、さらなる事業拡大を図るべく、様々な施策を展開してまいります。 具体的には、「FollowUP」において、派生サービスとして6月に提供開始いたしました新型コロナウイルス感染症対策ソリューション(※2)について拡販施策を行い引き続き「新しい生活様式」から発生する需要に対応いたします。また、大手ショッピングモール事業者とのアライアンスによるショッピングモールへの拡販施策の実施や公共交通機関や公共施設等の小売領域以外の領域への進出施策等も実施いたします。これらの施策の進捗度合いや新型コロナウイルス感染症の影響の度合い等を算定の基礎として上記のとおり連結業績予想を算定いたしました。 なお、上記の業績予想については、再度の大規模な営業自粛要請やロックダウンによる経済活動の停滞については想定しておらず、実際の業績等とは異なる可能性があります。開示すべき重要な事項が発生した場合には、速やかに業績への影響をお知らせいたします。※1 「FollowUP」は、小売店舗に設置したAIカメラで取得する画像・動画データから店前通行量・入店客数をカウントし、店舗毎のPOSデータと掛け合わせることで購買率の向上を支援するストック型のサービスです。※2 小売業者の新型コロナウイルス感染症対策を支援するため、店舗内の人数を可視化し、入り口にて入店の可否を表示することで入店制限の自動化を支援する「Store Capacity Control」、店舗入場者の発熱やマスク着用の有無を検知し、店舗スタッフの入退室を顔認識で管理することで万が一スタッフに感染者が発生した場合に、いつどの店舗にいたかのトレーサビリティを実現する「HealthyUP」、店舗内で実施する消毒などの感染対策オペレーションのスタッフ教育が行えるeラーニングと、日々の感染対策オペレーションの確実な実行を支援するタスキング機能を提供する「COVID-19 Tasking」などのサービスを提供しております。※3 上記の業績予想は、現時点で入手可能な情報に基づき当社の経営者が判断した見通しで、リスクや不確実性を含んでおり、その達成を当社として約束する趣旨のものではありません。従いまして、これらの業績予想のみに全面的に依拠して投資判断を下すことは控えるようお願いいたします。

同業種のニュース

業績速報 ニュース一覧