業績速報

会社予想 2020/09/18 16:30 業績予想および配当予想に関するお知らせ 一覧へ

2021年3月期連結本決算経常見通し。18.1%減益を予想。

【業績予想/決算速報】ラサ商事<3023>が9月18日に発表した業績予想によると、2021年3月期本決算の経常損益は18.1%減益の1,830百万円になる見通し。合せて発表された中間期の業績予想によれば、中間期480百万円となる見通し。

決算期 月数 区分 発表日 売上高 営業利益 経常利益 当期利益
202003 本 12 会社実績 2020/05/20 29,264 1,974 2,234 1,698
202103 本 12 会社予想 2020/09/18 25,500 1,650 1,830 1,300
202009 中 6 会社予想 2020/09/18 11,000 440 480 330

※単位は百万円:今回会社から発表された内容

業績予想修正の理由:(適時開示より抜粋)
・連結(1)2021年3月期 第2四半期(累計)売上高は、主に新型コロナウィルス感染拡大による自動車生産の世界的な調整や関連する多くの業界への影響などを受け需要が落ち込んだことから資源・金属素材関連事業及び化成品関連事業で大きく落ち込み、前期に比べ減収となる見込みです。利益面では、産機・建機関連事業や環境設備関連事業は、メンテナンスや部品供給が底堅く推移、大型水砕設備案件も好調であったものの減収による減益を補えず、前期に比べ減益となる見込みです。(2)2021年3月期 通期売上高は、第3四半期以降も新型コロナウィルス感染拡大の影響が残るものの、資源・金属素材関連事業や化成品関連事業の落ち込みは徐々に回復していくことを前提としておりますが、減収を避けられないものと見込んでおります。利益面では、産機・建機関連事業や環境設備関連事業及びプラント・設備工事関連事業は引き続き底堅く推移することを見込んでおりますが、減収による減益を補えず、前期に比べ減益を見込んでおります。・個別(1)2021年3月期 第2四半期(累計)売上高は、主に新型コロナウィルス感染拡大による資源・金属素材関連事業の減収を産機・建機関連事業及び環境設備関連事業で補えず、前期に比べ減収を見込んでおります。利益面でも、売上高の減収を受け減益を見込んでおります。(2)2021年3月期 通期売上高は、第3四半期以降も新型コロナウィルス感染拡大の影響が残るものの、資源・金属素材関連事業の落ち込みは徐々に回復していくことを前提としておりますが、減収を避けられないものと見込んでおります。利益面では、産機・建機関連事業や環境設備関連事業は引き続き底堅く推移することを見込んでおりますが、減収による減益を補えず、前期に比べ減益を見込んでおります。

配当予想修正の理由:(適時開示より抜粋)
(2)配当予想の理由2021年3月期の連結業績予想が未定であったことから配当予想につきましても未定としておりましたが、上記業績予想を踏まえ、年間配当予想金は前期と同額の1株当たり38円(中間配当19円、期末配当19円)とすることといたします。(注)本資料に記載されている業績予想等につきましては、当社が現在入手している情報及び合理的であると判断する一定の前提に基づいており、その達成を当社として約束する趣旨のものではありません。また、実際の業績等は様々な要因により大きく異なる可能性があります。

同業種のニュース

業績速報 ニュース一覧